スチームクリーナー

豊富な付属品でとっても便利!

豊富な付属品でとっても便利!

 

キッチンの油汚れや、サッシのみぞ、タイルの床などなど、日頃のお手入れにお困りの方はいませんか?
「もっとラクに掃除ができたらいいのに…」
そんなあなたの希望を叶えてくれるのが、スチームクリーナースチームファーストです!
スチームファーストは、最長45分連続使用ができるキャニスタータイプとして今人気のスチームクリーナー。
ハンディタイプのように使用中にずっと持ち続ける必要もなく、モップタイプのように小さいタンクに何度も水の補給をする必要だってありません。
何より嬉しいのが、とても充実した12種類の付属品!
例えば、フローリングや畳、タイルにはマイクロファイバーパット、キッチンの油汚れには金属ブラシ、こびりついた汚れにはハードスポンジ、車のフロントガラスや窓掃除には窓用ノズル、車のホイールや観葉植物の汚れにはナイロンブラシなどなど、お掃除したい場所に合わせた付属品で汚れに対応させることができます。
「年末の大掃除がいつもよりラクになった」「油汚れが短時間で落ちて驚いた」「長時間使えるのが助かる」など、利用した方々の喜びの声も多数届けられています。
スチームファーストには水道水が使用可能なのですが、専用のスチームマジックというスーパーアルカリイオン水を使えば、更なる上のキレイを目指すこともできます。
あなたもスチームクリーナースチームファーストで今まで嫌いだったお掃除を好きになってみてください!

 

ケルヒャーでベランダ掃除

 

先日友達のブログを見ていて驚いた。ベランダのタイル?というか床の辺り?をケルヒャーで洗浄したら、見違えるように新築のような状態に戻っていた。ケルヒャーの洗浄力ってすごいんだね。ケルヒャーのベランダ専用というようなタイプの商品もあるみたいだけど、普通のタイプのケルヒャーで掃除したら、どんな感じになるのだろうか。無謀な考え?でも、ケルヒャーがあれば色々な場所の掃除ができそうだから、是非オールラウンダー的なケルヒャーが欲しいなと。

 

 

性器ヘルペスを治すときのポイント

 

性器ヘルペスはヘルペスウイルスによって感染する疾患であり、ほとんどの場合は性交渉によって感染します。
ヘルペスと聞くとこわい病気だと思ってしまうものですが、これは誰しもが感染しているウイルスのひとつで、普段は感染していても症状が出ないことがほとんどです。
ヘルペスウイルスによる代表的な病気は帯状疱疹や水ぼうそう、口唇ヘルペス、性器ヘルペスなどがありますが、これらの症状は水ぶくれが集まった状態のことをいいます。
初めて性器ヘルペスにかかった人の場合は性器に赤いブツブツや水ぶくれができたり、皮膚にただれが見られます。
また38度前後の高熱がでたり、患部が痛痒くなるといった症状が現われますが、再発の場合は小さな水ぶくれができる程度の軽度な症状が多いです。
性器ヘルペスを治すためには専門の医療機関へ受診すると1週間ほどで治ります。
現代の医学ではヘルペスウイルス自体を退治することができないので、神経痛や患部に違和感を感じたら初期の段階で受診することをおすすめします。
また、感染している場合はパートナーとの性交渉を控えることはもちろん、コンドームを必ず使用することが大切です。
直接的な接触でなくてもタオルなどから感染することもあるので、タオル等の共有は避けましょう。

 

妊娠検査薬の使い方と失敗例

 

赤ちゃんを待ち望んでいる方は一日も早く妊娠を知りたいものなので、妊娠検査薬を正しく使い自分でチェックしましょう。
妊娠検査薬の使い方は、種類によって若干違っていても基本的には同じで簡単です。生理開始予定日の1週間後以降が使用可能な時期と言われ、ホルモン濃度が一定以上になると検査が可能になります。
まず検査薬のキャップを外して5秒ほど先端におしっこをかける、または紙コップにおしっこを取り検査薬を浸すやり方がありますが、つけ過ぎには注意して下さいね。キャップをしてから検査の棒を平らなところにおいて数分で検査は終了です。1分から5分で妊娠反応のありなしの判定が出ます。尿をかける秒数などが検査薬によって異なる場合があるので、使う前に必ず取扱説明書を確認して下さい。いつ行ってもかまいませんが、妊娠を判断するhCGホルモンが朝一番の尿に一番濃くでるので、朝に検査をおこなうのが良いと言われています。
妊娠検査薬には終了窓と判定窓の2つがあり、両方の窓に同じような線が浮き出てきたら陽性で妊娠していることになります。反対に陰性の場合は線が浮き出てきません。
妊娠検査薬の失敗例で多いのが、検査できる時期まで待ちきれずに妊娠の判定可能時期より前に検査をしてしまうケースです。フライングをして陰性が出たが、正しい時期にはかったら陽性だったということがあるので、使用上の注意をしっかり守って検査を行うようにしましょう。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ